兵庫の住まいづくり・アパートづくり・
リノベーション・リフォームはパナホーム兵庫

Menu
パナホーム兵庫
  1. 最寄りの
    展示場
  2. 展示場
    ご来場予約
  3. ご相談&
    お問い合わせ
  4. 資料請求

March3

N様(西脇市)

リフォーム

不便なデザイナー住宅から、快適な住まいへ大変身。

新築からわずか7年で、リフォームを決断されたN様。デザイン優先で設計されたお宅は、落とし穴だらけで、住むほどに不便と不満が膨らんでいったそうです。 快適な暮らしと、温かな団らんを実現する…。そんなN様の思いは、ご家族に笑顔を運ぶ幸せリフォームとなりました。

満足度100%をいただきました。

築7年で我慢は限界に…。

「来た人が思わず声を上げるような、とことんデザインに凝った家を建てたかったんです」とご主人。それが、リフォーム前のN様邸でした。
「ところが、吹き抜け空間が多かったので、冬が恐ろしく寒く、家族は頻繁に母屋に避難していました。 また、採光や通風も悪く、住むほどにストレスが募っていきました」。
そこで、N様はリフォームをご決意。「築7年でしたが、我慢も限界に達していたので、思い切ってリフォームすることにしました」。
こうして、N様は、お知り合いの紹介で、パナホームの営業担当者と会われることに…。「以前に見学した社展示場が印象に残っていたので、その話をしたところ、 なんと、彼はその設計に携わったスタッフだったんです」。
社展示場には囲炉裏があって、家族や来客の溜まり場となるよう工夫されています。N様は、リフォーム後のお住まいに、そんな団らんを思い描かれていたのでした。 「担当者は田舎の家についても詳しく、直感で理想をかなえてもらえそうな気がしました」。

家族が集う大テーブルが誕生

ビジュアル優先のデザイナー住宅から、団らんを大切にした快適な住まいへ…。それを成し遂げるには、大鉈を振るわねばなりません。
N様邸のリフォーム計画は、まず、寒さの原因となっているリビング階段を動かすことからスタートしました。 玄関の手前に内玄関を設け、階段をその奥へ配置。以前のリビングは、思い切って和室にして間仕切る。この大改造で、冷暖房効率は飛躍的に向上しました。
そして、仕上げはダイニング。「親が商売をしていたので、両親とゆっくりテレビを見たり、会話した記憶がないんです。 そこで、ダイニングを団らんの場にして、できる限り子供達と一緒に過ごせるようにして欲しいと頼んだんです」とご主人。
そのご要望を受けて、担当者がご提案したのは、キッチンを囲む大きなテーブルでした。 食事もおしゃべりも、宿題も読書も、ゲームもお絵描きも、何でもここでできるように…。 そのプランに、ご主人は、「家族みんなが集まる、溜まり場のような空間がイメージできました。まさに、我が家の囲炉裏スペースです」。
昨年11月にリフォームを終えたN様邸は、ご希望通りの住まいに生まれ変わりました。大テーブルにはお子様達が集い、それをご夫妻が優しく見守られる…。 N様が心に描かれた団らんの光景=幸せな家族の時間が、今日もゆっくりと流れていきます。

担当

大谷 譲(営業・工事)・神澤 知佳(設計) (写真左から)

私達の仕事は、お客様のニーズを的確に捉え、カタチにすること。今回のリフォームでは、 「快適な暮らしとご家族の団らんを実現する」がメインテーマでしたが、スタッフ一同、 「N家をより幸せにする」という意気込みで、作業にあたりました。満足いただいて、私達も幸せです。

N様邸のリフォームは、パナホーム兵庫のネットワーク企業「リフォーム兵庫」が担当しました。


施主のN様ご夫妻。「希望通りの住まいに生まれ変わりました。リフォームして本当に良かった。大満足です」。

モダンなシルエットのN様邸。今回のリフォームでは、外周りも手を加え、採光と通風を改善。

アイランドキッチンを囲むようにしつらえられた大テーブルは、家族みんなの溜まり場です。

和室から見たダイニング。障子を開け放てば、半一体の空間に…。

担当

大谷 譲(営業・工事)・神澤 知佳(設計) (写真左から)

私達の仕事は、お客様のニーズを的確に捉え、カタチにすること。今回のリフォームでは、 「快適な暮らしとご家族の団らんを実現する」がメインテーマでしたが、スタッフ一同、 「N家をより幸せにする」という意気込みで、作業にあたりました。満足いただいて、私達も幸せです。

N様邸のリフォームは、パナホーム兵庫のネットワーク企業「リフォーム兵庫」が担当しました。

PAGE TOP