兵庫の住まいづくり・アパートづくり・
リノベーション・リフォームはパナホーム兵庫

Menu
パナホーム兵庫
  1. 最寄りの
    展示場
  2. 展示場
    ご来場予約
  3. ご相談&
    お問い合わせ
  4. 資料請求

April4

M様(三木市)

リノベーション

リノベーションで、アパートに新たな命を吹き込む。

近隣環境や入居者ニーズの変化に伴い、所有されるアパートに空室が発生したM様。 パナホームのオーナー様には、一括借り上げ制度による家賃保証という心強い味方がありますが、M様は早々に対策をご検討。 将来に備えて、資産価値を高めるリノベーションを実施されました。

満足度100%をいただきました。

環境の変化や空室が発生。

M様のアパート『JAサンガーデン高柳』は、14年ほど前、とある企業の社宅として誕生しました。ところが、その後、景気が悪化。社宅としての契約が打ち切られ、一般のアパートへと形態の変更を余儀なくされましたが、当時、この地域にアパートは少なく、入居者募集の苦労とはほぼ無縁でした。
しかし、それから数年後、状況はさらに大きく変化しました。同地域で区画整理が進み、道路・店舗・住宅が急速に整備され、競合するアパートがどんどん増えていったのです。
その結果、M様のアパートも、昨年、ついに6戸中3戸の空室が出てしまいました。一括借り上げ制度により、収益に大きなマイナスは出ませんが、不安は募っていくばかり。「何とかしなければと思っていた時に、パナホームからリノベーションの提案があったんです」。
「私は、他にもパナホームでアパートを建てていますし、自宅の増改築も依頼しました。いつも良いアイデアを出してくれるし、対応も早く、仕事も丁寧。今回も間違いないだろうと信じて、決断しました」。

工事中に入居者が決定。

M様は、とりあえず空室の1戸をリノベーションし、効果があれば、残りの2戸も実施することにされました。
パナホームでは、M様のご期待に対し、自信をもって、大胆なプランをご提案しました。それは、従来の和室・洋室・LDKから、和室をなくして広々とした1LDKへと間取りを変更し、押入れと洋室の収納を統合して、ウォークインクローゼットを設けるというものでした。
また、リビングにはニッチ棚、キッチンにはパントリーをしつらえるなど、現代の感覚に合った収納を充実。さらに、LDKの壁面にはおしゃれなアクセントクロスを貼り、大画面の薄型テレビに調和するモダンなインテリアにすることも付加しました。
「かなり思い切った提案でしたが、よく考えられていました。広さ・収納・デザイン、全てが今の若い人の暮らしにぴったりだと思いましたね」と、M様はしっかりと手応えを感じられたとか…。
さて、パナホームの狙いは、予想以上に早く的中しました。工事中に入居を希望される方が現場を訪れ、そのまま契約へと至ったのです。完成後に開催させていただいた見学会の反響も大きく、M様はリノベーションの効果に確信を深められ、早々に残り2戸の工事をご決定。M様のアパートは、将来に向けて、再び力強く鼓動し始めました。

担当

村岡 陽介(営業)・福井 健(工事)・伊野 淳也(賃貸管理) (写真左から)

どんなに人気のあるアパートでも、いつまでも満室が続くとは限りません。 環境やニーズは年月と共に変化するので、それに合わせた戦略や戦術の見直しは不可欠です。 M様が実施されたリノベーションは、将来に向けて、アパートの資産価値を大きく高める有効策。 パナホームでは、豊かな経験と実績で、費用対効果の高いリノベーションを実現します。


アパートのリノベーションを実施された、オーナーのM様。今回の工事で、効果を確信されたそうです。

生まれ変わったLDK。AVボード風の壁とアクセントクロスが、おしゃれな空間を演出。

リビングにはニッチ棚を、キッチンにはミニカウンターを新設。利便性を追求しました。

ウォークインクローゼットは洋室に隣接。

担当

村岡 陽介(営業)・福井 健(工事)・伊野 淳也(賃貸管理) (写真左から)

どんなに人気のあるアパートでも、いつまでも満室が続くとは限りません。 環境やニーズは年月と共に変化するので、それに合わせた戦略や戦術の見直しは不可欠です。 M様が実施されたリノベーションは、将来に向けて、アパートの資産価値を大きく高める有効策。 パナホームでは、豊かな経験と実績で、費用対効果の高いリノベーションを実現します。

PAGE TOP