兵庫の住まいづくり・アパートづくり・
リノベーション・リフォームはパナホーム兵庫

Menu
パナホーム兵庫
  1. 最寄りの
    展示場
  2. 展示場
    ご来場予約
  3. ご相談&
    お問い合わせ
  4. 資料請求

June6

Y様(三木市)

戸建

幸せを繋ぐ、2代にわたる住まいづくり。

神戸市西区のアパートにお住まいだったY様ご夫妻は、奥様の妊娠を機に、住まいづくりを決断されました。 奥様のご実家がパナホームで、ご両親のお勧めもあって、当社にご依頼いただいたのですが、何よりの決め手は、当時と同じ担当者だったことだそうです。

満足度100%をいただきました。

パナホームのお兄ちゃんが再び…。

Y様ご夫妻は、共働き。 どちらも勤務時間が一定ではなく、さらに奥様は看護師ということで、夜勤もあります。そんなお二人が住まいづくりを決断されたのは、おめでたがわかった時でした。 「育児休暇を終えて職場復帰をした時、父母に子供の面倒を見てもらえるように、実家の近くに住もうと決めました」と奥様。
パナホームを指名いただいたのも、ごく自然な流れだったそうです。 「平成3年にパナホームで実家を建てたのですが、それ以来、両親が厚い信頼を寄せていたんです」。
さらに、建築当時は小学生だった奥様も、その頃の好印象を鮮明に持っておられたとか…。 「パナホームのお兄ちゃんがやって来て、ゲームなどをして遊んでくれるのがとても楽しみでした。 あの時のお兄ちゃんが今度も担当してくれるなんて、感慨深いものがありました」。
参考のためにと、ご夫妻は総合住宅展示場にも足を運ばれたそうですが、「他社と比較してもパナホームの対応が丁寧で、非常に好感が持てました」とご主人。

不幸が計画を後押し。

Y様の住まいづくりは、土地探しからスタートしました。 パナホームでは、奥様のご実家のある三木市内で、車で気軽に行き来できる範囲の土地をピックアップ。 いくつかを仲介しましたが、決定までには至らず、2~3ヶ月が過ぎました。
そんな時、Y様に幸運の女神が微笑みました。 候補地のひとつが、大きく値下がりしたのです。 「検討中に安くなるなんて、とてもラッキーでした。 これは『買うしかない!』と即決しました」。
この後、Y様はプランニングに着手。奥様が中心になって、着々と計画を進めていかれました。 「一番こだわったのはダイニングキッチンです。 どうしてもアイランドタイプのキッチンにテーブルを並べたスタイルにしたくて、それを基本にレイアウトを考えていただきました。 でも、その他は、特に細かい要望を出すことはありませんでした。 担当の方が、私達のことをよく理解してくれていたので…」。
そして、昨年9月、待望のご新居が完成しました。 ご夫妻にとって初めての住まいづくりでしたが、「全てに満足」ときっぱり。 「出産のタイミングを見計らいながら、無理のないスケジュールを組んでもらえて、とても助かりました」と奥様。 ご主人も、「想像以上に快適。住んでみて、パナホームの良さをつくづく実感しています」とお喜びです。

担当

田中 雄輔(営業)・宮本 由美(設計)・西嶋 佳樹(工事) (写真左から)

お父様と奥様、親子2代にわたって担当させていただけたことを、とても嬉しく、ありがたく思います。 20年前、私は入社まもなく、独身だったこともあり、商談ごとに夕食をご馳走になったのが、昨日のことのように思い出されます。 これからもご両家をしっかりサポートし、3代にわたる住まいづくりを目指します(笑)。(田中)


Y様のご新居。ベージュのキラテックタイルが、清閑な街並みにひときわ映えます。

LDKは家族のふれあいがテーマ。「家事中でも子供に目が届くので安心。動線も抜群」と奥様。

遠方にお住まいのご主人のご両親が、泊まりがけで来られるようにと設けられた1階の和室。

Y様ご家族。今秋にお二人目が誕生の予定で、ご新居でさらに幸せが膨らみます。

担当

田中 雄輔(営業)・宮本 由美(設計)・西嶋 佳樹(工事) (写真左から)

お父様と奥様、親子2代にわたって担当させていただけたことを、とても嬉しく、ありがたく思います。 20年前、私は入社まもなく、独身だったこともあり、商談ごとに夕食をご馳走になったのが、昨日のことのように思い出されます。 これからもご両家をしっかりサポートし、3代にわたる住まいづくりを目指します(笑)。(田中)

PAGE TOP