兵庫の住まいづくり・アパートづくり・
リノベーション・リフォームはパナホーム兵庫

Menu
パナホーム兵庫
  1. 最寄りの
    展示場
  2. 展示場
    ご来場予約
  3. ご相談&
    お問い合わせ
  4. 資料請求

May5

O様(加古川市)

アパート

人生の夢を乗せた、魅力満載のこだわりアパート。

O様は、退職金の確かな運用を目的に、土地を購入してアパートを建築されました。 計画にあたっては、「自分が住みたくなるような魅力的なアパートを建てる」をテーマに、入居者にとっての利便性と快適性を徹底追及。 第二の人生を支える、こだわり満載のアパートが誕生しました。

満足度100%をいただきました。

退職金を有効に運用。

ゼロ金利時代が久しく続く昨今。 預金利息はほとんどつかず、世界的な不況から、株式投資も持続的に利益を見込むのが難しい状況となっています。
そんな中で、有利な資産運用を求める声は高まるばかり。 今回ご紹介させていただくO様も、退職金の有効な活用法を模索されたお一人でした。 「色々と考えましたが、結論はアパート経営でした。 私は6年前にもパナホームでアパートを建てたのですが、とても満足のいくものだったので、今回もパナホームに依頼することにしました」。
当初、O様は、所有されている土地に建築されるつもりでした。 しかし、4戸のアパートを建てるには、面積的に無理がありました。 そこで、パナホームでは、土地を購入して建てるという手段をご提案したのです。
「タイミング良く、山陽電鉄の曽根駅のすぐ近くに良い土地が見つかりまして…。 土地からとなると、全体の金額は大きくなりますが、閑静な住宅地で賃貸住宅需要も十分に見込めると判断し、決意しました」。

入居者視点でプランニング

ここまで計画はスムーズに進行したように見えますが、一時期、O様には不安な日々があったとか…。 「今回の計画が始まってまもなく、それまでの担当者が、都合で退職することになったんです。 新しい担当者とは面識もないし、年齢もかなり若かったので、本当に大丈夫かと、かなり心配しました」。
でも、心配は杞憂に終わりました。 「新しい担当者は、熱意があって、アパートについての知識も十分でした。 気配りも素晴らしく、それまで以上に安心できました」と、O様は笑顔で当時を振り返られました。
さて、今回のアパート建築は、O様にとって第二の人生を託す大切な事業でした。 それだけにたくさんのこだわりをお持ちで、「自分が住みたくなるようなアパートを目指しました。 そのために常に入居者の立場で考えて、色々と無理を言わせてもらいました。 また、工事中には何度も現場を見に行って、あちこち確認して回りました(笑)」。
美しいキラテックタイル外壁、ゆったりとした駐車場、人気の対面式キッチン、便利なウォークインクローゼット、機能的なパソコンコーナー等々…。 入居者視点でメリットを追求したO様のアパートは、昨年9月に完成し、『レーブヴィラージュ』と命名されました。
フランス語で「夢の村」を意味する『レーブヴィラージュ』。 O様の苗字の「村」と、これからの人生の「夢」を重ねて名付けられたそのアパートは、きっと素敵な時間を紡いでいくことでしょう。

担当

小林逸樹(設計)・鈴江将典(営業)・南木沢哉(外構設計)・岡松孝太(工事)(写真左から)

「自分が住みたくなるアパートを建てる」というO様の確固としたお考えが、入居者にとっての大きな魅力を生み出し、物件の資産価値をさらに高めました。 これからは、この資産価値を末永く保つため、スタッフ一同、しっかりとサポートいたします。 ロングリリーフ、お任せください!


こだわり満載のアパートを新築された、オーナーのO様。写真右が営業担当の鈴江。

約40㎡、ゆとりの1LDKタイプ4戸から成る『レーブ ヴィラージュ』。

入居者の心を癒す、階段下の植栽。シンボルツリーのハナミズキは、奥様のお気に入りです。

ブロックをおしゃれに積み上げた門柱。天然石との対比が、豊かな表情を演出。

担当

小林逸樹(設計)・鈴江将典(営業)・南木沢哉(外構設計)・岡松孝太(工事)(写真左から)

「自分が住みたくなるアパートを建てる」というO様の確固としたお考えが、入居者にとっての大きな魅力を生み出し、物件の資産価値をさらに高めました。 これからは、この資産価値を末永く保つため、スタッフ一同、しっかりとサポートいたします。 ロングリリーフ、お任せください!

PAGE TOP