Menu
  1. MESSAGE
  2. COMPANY
  3. CULTURE
  4. WORKS
  5. エントリー
  1. トップ
  2. 先輩社員の紹介
  3. 建設部 工事課

Interview 先輩社員の紹介

山下 晃平 建設部 工事課

仕事内容

施工管理として、設計から渡された図面をもとに、現場で職人さんと打ち合わせをしながら、お客様の希望の家を創っていくお仕事です。

全く同じ家を創るということはなくて、お客様それぞれのお家があります。お客様の思いが詰まった家をご要望通りに創り上げていくのは、楽しいことでもあり、難しいことでもあります。

お客様の希望と、設計から「このように納めてください」という希望もあります。また、職人さんはこれまで培ってきた経験やプライドもあり、現場のことを一番知っています。それらを施工管理として取りまとめて、最終的に理想の住まいをカタチにしていくのは大変ですが、とてもやりがいのある仕事です。

施工管理として大事にしていること

お客様に満足していただけるような家を創ることが一番大事です。もちろん、工期などの制約がある中での家創りになりますので、いろいろな面で苦労しますが、それらを乗り越えて、お客様へのお引き渡しの際に、「ありがとうございました」「良い家ができました」という声をいただいた時が一番嬉しいです。

ただ、お客様の新しい生活、理想の暮らしというのは、お引渡し後に始まります。

パナホーム兵庫の場合は、お引き渡し後も定期的にお客様を訪問し、「実際に生活していてどうですか?」「不具合はないですか?」といった生の声を聞きながら、今後の現場にも反映させています。

こうした積み重ねが、会社の信頼にもつながり、紹介にもつながっていきますので、お引き渡し後のお付き合いは、パナホーム兵庫がずっと大切にしている部分です。

入社したきっかけ

小さい頃からものづくりが好きで、木を触りながら大きくなりました。大工という仕事にも興味がありましたので、その大工さんと一緒に現場仕事ができる施工管理を希望して、就職活動を行いました。

就活中は、いろいろな会社の選考を受けましたが、パナホーム兵庫の雰囲気といいますか、仲の良さが一番の決め手になりました。
会社説明会では先輩社員の皆さんとの座談会もあり、生の声を直接聞くことができたのは非常に良かったです。就活中は、「実際に入社してみて、イメージと違った」という先輩方の声を聞くこともあったので、先輩と交流できるのは安心材料になりました。

また、姫路という街は子供の頃から馴染みがあり、愛着のある場所なので、転勤もなく、生まれ育った地域でずっと仕事ができるのは魅力だと思い入社しました。

やりがいを感じる瞬間

理想の住まいは、職人さんや業者さんの協力なくして完成させることができません。職人さんは、私よりも経験が豊富で、家創りに関する幅広い知見も持っています。時には「こうした方がいい」と互いの意見をぶつけ合うこともあります。職人さんの考えを汲み取りながら、なおかつお客様の希望に沿うにはどうすればいいのかを考え、うまく取りまとめていくのが施工管理の役割です。大変な時もありますが、様々なプロセスを経て、家が完成したときは、とてもやりがいを感じます。

株式会社パナホーム兵庫のいいところ

私自身、入社してからいろいろな現場に携わらせていただきましたが、その中で失敗もたくさんしてきました。

そうした時に、上司が責任を持って、一緒に最後まで付き合って下さったときはとても嬉しかったです。そうした経験を通して成長もできましたし、今では自信を持って仕事に取り組めていますので、そういうところはパナホーム兵庫のいいところです。

また、月に1度、グリーンカードという、上司が部下の良いところを手紙に書いて渡すという取り組みがあります。僕が普段何気なく行なっていることも、上司はとても評価して下さっていて、「ちゃんと見ていただけているんだな」と実感できます。一緒に仕事をする上で、やはり人間関係というのは大事です。グリーンカードの取り組みがあるからこそ、上司との信頼関係も深まりますし、働きやすい環境だと思います。

PAGE TOP