トップページ>お客様インタビュー>今月のお客様

今月のお客様インタビュー

住まいづくりを思い立たれたT様は、当時お住まいだったパナホームのアパートをとても気に入られていたことから、最初にパナホームのモデルハウスをご見学。第一印象も格別だったそうで、他社をご覧になっても気持ちは揺るがず、理想の住まいづくりへと邁進されました。
T様が初めてご覧になったモデルハウスが、姫路市内にあるパナホームの『のぞみ野モデルハウスⅡ』でした。「パナホームのモデルハウスは私達のイメージにぴったりで、まさに一目惚れ。それに営業担当の対応も良くて、好感が持てました」とご夫妻。
T様は後に他社もご覧になられましたが、「建物も対応もパナホームには及びませんでした。それに、私達それぞれの実家がパナホームでリフォームしていたことがわかって、パナホームがより身近な存在になりました」。
さて、『のぞみ野モデルハウスⅡ』にご来場いただいた一週間後、パナホームの営業担当は土地情報をまとめ、ご案内しました。T様はその内のひとつをとても気に入られ、出会いからおよそ3ヶ月でご契約いただくこととなりました。
「最初は大きなローンを組むことに対して不安がありましたが、詳細な返済計画やランニングコストなどを試算したライフプランを提示してもらえたので、不安が解消し、安心して決めることができました」。
プランニングにあたっては、『のぞみ野モデルハウスⅡ』を参考に、奥様が自らプランを描かれ、それをベースに設計担当が実現可能なカタチに調整しました。「最初は南向きの配置で考えていたのですが、なかなか思い通りのプランができませんでした。そこで発想を大きく転換し、建物を90度回転させて、リビングを南側から東側に置いてみたんです。すると全てが思い通りに収まり、重視した生活動線も軽快になりました。全体像が見えた時は、とても嬉しかったですね」。
一方、ご主人は、全体的なことは奥様に委ねられ、暮らしに寄り添う細やかな部分に気を配られました。「私は、玄関の上着専用クローゼットや小屋裏収納を設けたり、階段上の腰壁の角を落とすことなど、実際に生活する上での使い勝手や利便性にこだわりました」。
こうして、T様のご新居は昨年末に完成し、ご夫妻は「快適そのもの。理想の住まいが実現しました」とお喜びです。
ご要望のエリアですぐに土地が決まるという幸運もありましたが、最大の成功要因はご夫妻自身が考え抜かれ、納得のプランに至ったこと。「悔いのない住まいづくりにしたい」というT様の強い思いが、最高の喜びと確かなご満足につながりました。

ツートンのキラテックタイルが映えるT様のご新居。素敵なアプローチは、ご主人がDIYで作られました。

日当たり抜群のLDK。「心地よく、とても快適です。それに冬場結露ゼロで驚きました」とご夫妻。

玄関と直接繋がった和室は、独立した客間としても重宝。吊り収納を設け、空間を有効活用。

ご新居をバックに微笑まれるT様ご夫妻。「素敵な家ができて、とても満足しています」。

野村亮二(設計)・藤木信孝(営業)・大道 忠(工事)(写真左から)

T様の奥様が考えられたプランも、ご主人の細部に対する配慮も見事で、当社の大工が「よく考えられた家だ」と感心するほどでした。私達もチームワークを駆使して、ご夫妻のご要望にしっかりとお応えすることができました。ご満足いただいて、スタッフ一同、とても嬉しく思います。どうか、これからもよろしくお願いいたします。


今月のお客様インタビュー

敷地内に離れを建てて移り、母屋は娘さんご夫妻の住まいとして、水周りや外装をリフォームする…。それが、M様の今回のご計画でした。ご主人は昔からの熱心なパナソニックファンで、今回のリフォームでも他社は全く検討されず、結果にも大いに満足されています。
M様がお住まいをお建てになったのは、阪神淡路大震災が発生した1995年でした。土地を決めて建物を検討中だった時に地震が起こり、耐震性の重要性を痛感されたことから、頑丈な鉄骨系のパナホームを選ばれたのでした。
そして、二十余年が経ち、その間に息子さんは独立、娘さんは結婚され、M様ご夫妻だけの暮らしが始まりました。
さて、二人きりになられて、M様ご夫妻がお考えになったのは、老後の暮らしについてでした。「今はまだ元気で何も問題ないですが、将来のことが少しずつ心配になってきまして…。幸いなことに娘夫婦が近くの賃貸アパートに住んでいて、よく行き来していたので、私達が敷地内に離れを建ててそこに移り、娘夫婦がリフォームした母屋に住むという二世帯の暮らしを考えるようになったんです」とご主人。
そして、娘さんご夫妻もM様のご提案に賛同され、パナホームは離れの増築と母屋のリフォームを依頼いただいたのでした。
プランニングに際して、M様ご夫妻は明確なお考えをお持ちでした。「以前、少し離れた所に暮らす両親を看たことがあり、最終的には同居もしました。その経験から、付かず離れずの同居スタイルが理想。普段は思い思いに過ごし、いざとなったらすぐ助けになれる。そんな暮らしのための離れを希望しました」と奥様。また、階段を使わないワンフロアの暮らしがベストと判断され、増築する離れは平屋が前提となったのでした。
一方、母屋は、浴室の入れ替えと脱衣室の拡張、内外装のメンテナンスを中心に、計画が進められました。
工事は今年の3月に完了し、ご夫妻は早々に居室を母屋から離れに移されました。「娘夫婦の引っ越しは少し先ですが、私達はすぐに引っ越しました(笑)。昼は母屋で過ごして、夜は離れに寝に帰るのですが、とてもリラックスできます。設備関係が全てパナソニックなのも嬉しいですし、安心ですね」と笑顔のご主人。「母屋に隠れて日当たりがどうなるか心配でしたが、十分に明るくて安心しました。庭は小さくなりましたが、これからガーデニングを楽しもうと思っています」と奥様。
離れの真新しい扉の向こうには、ご夫妻の新たな暮らしの喜びがいっぱい待っているようです。

離れの快適さに大満足のM様ご夫妻。「満足度は100%以上。さすがパナホームですね」。

ミニキッチンと洗面を備えた、離れのリビング。付かず離れずの二世帯同居を実現します。

寝室はベッド間にロールカーテンを設置。「就寝前の読書も気兼ねなく楽しめます」とご主人。

今回増築された離れ(写真手前)と、リフォームされた母屋(写真奥)。

斉藤圭佑(工事)・枚田純一(営業)・西川侑那(設計)(写真左から)

M様邸の工事は、離れの増築から母屋の改装、外構のやりかえと大掛かりなもので、完成までに半年を要しました。工事中は何かとご不便をおかけしたと思いますが、とても喜んでいただけて何よりです。いつまでも快適なお住まいであるために、末永くサポートいたします。

M様邸のリフォームは、パナホーム兵庫のネットワーク企業「リフォーム兵庫」が担当しました。

分譲宅地&分譲住宅ギャラリールネッサンス或る二世経営者のホームページNPO法人 志澤塾
居宅介護支援サービス「フラワー居宅介護支援事業所しかま」訪問介護サービス「ヘルパーステーションはなはな」サービス付き高齢者向け住宅「ケアビレッジ飾磨高町」